---------------------------------------------------- このメールはbed Merchandiseから配信されています。 https://bedfromkyoto.stores.jp ---------------------------------------------------- ※先ほど配信したメルマガに一部誤字がありましたので、修正して再送します。 少し肌寒くなりましたね、今日は久しぶりに雨模様な大阪ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?bed山口です。 このメルマガですが、配信以来少しずつ登録者が増えついに読者数300名を突破しました!ますます気を引き締めたい所存なのですが、ありがたいことに読者の方からも激励&感想メッセージが届いております(一部勝手に拾いました)。代表的な例をご紹介いたします。 「bedのメルマガ、一会社員のアプリなどを使用した涙ぐましい倹約ぶりを読んで私も頑張ろうと思った(四国 30代女性)」 「メルマガ、予想を遥かに上回る頻度と面白さ!これ、フォロワー出てきそう(九州 男性)」 「bedのメルマガを楽しく購読していただけなのに、筋肉が増えて内定までゲットしました!!bedのメルマガがなかったらずっとアルバイトのままでした!本当に感謝しています!(愛知県 20代女性)」 なんと、このメルマガを購読したことで就職に成功した方まで出てきました。ますます気を引き締めた配信を心がけて参る所存です。 さて、bedの先週ですが、ワンマンに向けた練習を村山抜きの3人で行いました。3人のときは2時間だけ練習に入るのですが、暴れるベースの音がないだけで割りとすっきりと練習出来て、曲作りはかえって捗ったりもします…。 ワンマンのセットリストも確定しました。かなり楽しみに気合入れておりますので、皆様も是非宜しくお願いします!予約ですが先週から2枚増えて19名です…ここにきて圧倒的ペースダウン…全然足りません…!!!!!!! 更に僕は先週木曜日に玉置浩二のライブを大阪フェスティバルホールにて鑑賞、土曜日にquizkid、SOSITEのライブを塚本エレバティにて鑑賞、更に日曜日にはRHYMESTERとSOIL&PIMP SESSIONSのライブを服部緑地野外音楽堂にて鑑賞、と圧倒的ライブ鑑賞ウィークになってしまいました。どのライブも素晴らしかったですが、玉置浩二の圧倒的ロングトーン&美声、quizkid林さんの美しくも激情的なギターサウンド、SOSITE小松さんの力強く魂揺さぶられるドラムサウンドには特に痺れました。 塚本エレバティでは久しぶりに会う友人との会話も弾み、最近のマッチングアプリ事情、「いきなりデート」というペッパーランチもびっくりな圧倒的アプリの存在を知る等、充実した時間となったことも付け加えておきます。 それにしても最近はみんなカジュアルにマッチングアプリに手を出しているのですね、、、思わず歳を実感してしまった次第です。 最後に、「ジューシー山本宅でのBBQ」の進捗に関してですが、村山の参加返事はいまだにありません。99%不参加が確定したと思って良いでしょう。 各参加者が一品を持ち寄ること、当日の足をどうするのか、代行を呼ぶのか、タクシーを使うのか、などを打ち合わせました。ちなみにジューシー山本宅のすぐ裏にはみんなでサッカーが出来るレベルの圧倒的な広さを誇る広場も併設されているとのことで大いに震えたことも付け加えておきます。 ライブですが、いよいよ今週末9月22日に十三ファンダンゴにて、MASS OF THE FERMENTING DREGSのレコ発ライブに出演します!こちら、バンドの取り置きもスタートしておりますので是非お越し下さい! また、このメルマガにていち早く日程を公開していた12月8日(土)のライブですが、名古屋 鶴舞RIPPLEにて、Dancebeach,T.V.DINNERSとの3マンライブであることも発表されております。狭い会場ですので取り置きはお早めにお願いします!もう一つ日程だけ発表しているライブも、近日詳細お伝え出来るかと思います。 メルマガ末尾に記載のオフィシャルサイトや各SNSにて各ライブのご予約受付中です! ということで、"right place"セルフライナーノーツ完結編、山口編をお届けします。お付き合いありがとうございました!ライナーは4人分まとめてレコ発ライブの際にフリーペーパーで配ろうかと思っています。 では、今後とも宜しくお願い致します! ----------------------------------------------------------------------- bedメンバーによる"right place" セルフライナーノーツ 山口(Gu,Vo)編 ----------------------------------------------------------------------- M1.No Idea 1曲目っぽさを意識しつつ、今作の自分メイン曲のテーマである、「3分台にまとめたシンプルさの中でいかにメロディの起伏をつけるか」に意識的に取り組んでみた曲。E→Aというベタなコード進行のAメロの中でベースはEの音でなるべく粘って、少しずつ歌メロと呼応するようにAのニュアンスが出てくる、という形を村山にざっくり伝えたら(本人は覚えてないかもしれないが)いい感じに弾いてくれた。 ジューシーにはひたすらアルペジオで粘ってもらい、ドラムは反復するビートにちょっとずつタンバリンなどで色付けする程度、このくらいの味付けでしっかり印象に残る曲を作りたかった。ドラムが変わったことからくるリスタート感も出て、狙いは結構うまく行ったと思う。 シンプルなようで、様々な音色のギターが鳴っているのも密かなポイント。 使用ギターはメインはジャガーで、オーバーダブでストラトを使用。アウトロでこのレコーディングのために買ったPOGを踏んで少し音色を変えているけど良く聴かないと気づかないレベルかもしれない。歌詞は前作収録の"YOU"とも通底するテーマで、「自分と傍観者」のことを歌っている。 M2.完璧すぎる 今のメンバーで初めて0から作った曲。アイデアが生まれるところから完成まではかなり時間がかかったけど、この曲が出来た時に、「今のメンバーでガッチリやれるし作品も作れる」と確信した。 作ってる過程で村山がスタジオにあまり入れない時期があり、ベース抜きの3人で概要を固めて、そこにベースラインを乗せた形だったはず。ジューシーがざっくりと曲の外観、コード進行とメロディを作ってきていて、それを イントロ→Aメロ→間奏ギターソロ→2Aメロ→終盤→激アウトロ という形で聴きどころを作っていった。こういう展開のメリハリを作る作業は個人的にとても好きなので楽しくやれた。 村山のライナーには「bedらしい」とあったけど、自分的には前のメンバーでは出来なかったビート感、ドラムパターンやフレーズ、メロディが入っていて、新鮮な気持ちになれた曲。「bedらしさ」の定義がメンバー毎で違うのも自分達らしいかも…。 録音前にライブでも何度か演奏していて、メロディが結構気に入っていたので、レコーディングにあたっては強弱をよりハッキリさせてオイシイところを強調するためのコーラスを苦心して考えた。 前作"via nowhere"の時はレコーディングで入れたコーラスをミックス段階でジューシーにかなりボツにされたので今回はどうかな?とヒヤヒヤしていたが、特にボツにならずokで、密かに嬉しかった。 ベースに関してはフレーズはほぼお任せだったけど、ジューシーのライナーにもあった通り、ドロップDのDの音がアウトロで初めて出てくるのは気に入っている(僕のギターはイントロから一人だけ浮かれたようにドロップD感を出しまくっているが)。 村山の使用しているベースは音が綺麗に鳴らないデッドポイントがとても多く、意識して弾かないとかなり音にムラがあるが本人がそこまで考えて弾いていない(その無頓着さがある種魅力な部分もあるとは思うが)、というのが前から気になっていたので、もう少し粒を揃え、且つ曲中でパンチが出せるように、とバッファをヤフオクで購入した。さらに、この曲で使えそうかも、と思いロシアンマフの復刻のやつと旧型Holy Grailもヤフオクで購入したが、スタジオで使ってみるとバッファ以外はイマイチハマらなかったので、僕のペダルになった。バッファは村山が気に入ったようでライブでも欠かさず足元に置いているようだ。ちなみに代金は「気に入ったら払う」と言われていたものの、今日時点で1円も払ってもらっていない。 M3.リコレクション 今作がEPという形だから作れた自分的な挑戦曲。ジョワーンとした音像の中にハッキリとしたメロディ、それを3分台でまとめ上げる、というもの。ライブで聴こえ方が変わるよう形が良いなと思いながら仕上げていった。 ジューシーのギターがシンプルなコードアルペジオ主体、且つジューシーのライナーにもあったように、bedの曲としては使っているコードが多目ということで自分もそのまま乗っかるとだいぶ野暮ったくなるなーと感じたのでチューニングをDADGADに変え、フェイザーもかけて茫洋とした音像になるよう工夫した。 ブレイク後のギターリフ〜アウトロはジューシー山本案。nine days wonder的躍動感からのred house painters的なループ感のあるリフ、というテーマで進めていったけど結果全然違う感じになって、それはそれで面白い仕上がりになっている。 メロディは乗せるのが難しくてなかなか作りきれず、個人練でスタジオに入りまくっていろんなパターンを録音しつつ、より良い形を決めていった。コード進行の中でカッチリ乗せるというよりは「メロディを歌う」ということを意識した歌い方になるようにしている。 歌詞は、「自分が通過してきたものや影響されてきたものをもう一度整理し直す」というテーマ。 まだライブで演奏したことはないけど村山のライナーにもあったように演奏を重ねるごとに味が出てくる曲だとも思うのでこれから演奏する機会が楽しみ。 M4.足音 前ドラマーはるちゃん在籍時に作り、ライブでも確か数回演奏していた曲。ただ、ライブ演奏時はかなりざっくりした完成度のまま演奏しており、たっさん加入後は演奏されなくなっていた。レコーディングするにあたって細部を詰めて曲として完成させた。「ジューシー山本らしい長尺曲」という印象で終わらせないための工夫を随所に張り巡らせたつもり。 村山のループ感のあるベースフレーズは程よいルーズさで持ち味を発揮しているし、たっさんのドラムは前半と後半で音数やタッチの差で曲に表情をつけているのがポイント。 サビ(Bメロ)がかなり怪しいコード感だがそこにハッキリしたメロディが乗っているところもポイント。ここの歌詞も好き。 ギターソロは村山が使わなかったロシアンマフを使用して激エモに仕上げ、ギターソロ終わりからの展開でe-bowを2本重ねて浮遊感を出し、アルペジオにはアコギも重ねて煌びやかさを演出、など、かなり色々こだわっている。 ギターソロのフィードバックが左から右へ流れていき、そこにe-bowが立ち上がってくるというところはエンジニア須田さんの激こだわりポイント。ここのパートのまとめ上げ方は痺れた。 色々やっている分ライブで演奏するのは難しいけれど、この曲をまとめ上げられたのは今のbedの自信に繋がっていると思う。 ------------------------------------------ 以上です。 ジューシー山本のライナーに、「4曲だけだとバンドのカラーを出し切るのが難しい」とあったんだけれども、今回の狙いは実はそこにこそあって、ある種過渡期的な混沌も含めて閉じ込めた音源を作りたかった。 前ドラマーのはるちゃんがバンドを辞めて、たっさんが加入することが決まってから約1年、ライブを再始動させてからは半年ほどでの録音。はるちゃんがいた頃に作った曲も、たっさんと新たに作った曲も入っている。その、ちょうど狭間から新たなスタートになる地点の作品にしたかった。はるちゃん在籍時に作りながら、今回録音にあたって現メンバーで再構築したM4."足音"や、10月にDischarming manとのスプリット7インチという形で発売予定の"僕にはわからない"は、今このタイミングで録音したからこその勢いが大切だったし、だからこそ発売の形にもこだわり、録音から一番早く聴く人に届けられる自主リリースでバンド直販のみ、という形をとった。 スピード重視だったこともあり、オーバーダブやミックスに時間をかける、というよりは録音時点での各自のサウンドメイクにこだわった。そこはたっさんが加入してからハイペース(当社比。月2本程度)で行ってきたライブでの経験値や自信が活かされているし、そのライブ感みたいなものが伝わる作品になったかと思う。 実はもう次の新曲作りに取りかかっている。"right place"がこのタイミングでリリース出来たことで、次はじっくりとアルバム作りに取り組むことが出来そうで、12〜3年やってそれなりに作品も作ってきたバンドとして新たなフェーズ(あくまで当社比)に突入出来る気がしている。 山口将司(Gu,Vo) ---------------------------- メンバー全員によるライナーノーツはこれにて終了です。長きに渡るお付き合いありがとうございました。このライナーノーツ連載を通じてより"right place"という作品に興味を持ってもらえたら幸いです。 レコ発ツアーもいよいよ始まります。現体制で駆け抜けてきた1年の、一旦の集大成となるワンマンライブも控えています。 是非、ライブにも遊びに来てください! ---------------------------------------------------------------------- bed Live Schedule 2018 9/22(土) 十三ファンダンゴ w/MASS OF THE FERMENTING DREGS,CARD 10/13(土)下北沢SHELTER (ワンマン) 10/20(土)京都NEGA POSI w/my ex,perfectlife 10/31(水)北浜 雲州堂(山口ソロでの出演です) w/えりっさ×よP(マイミーンズ),emi otsuka(palpurple),GRMLN ※投げ銭制 11/3(土)札幌SOUND CRUE w/odd eyes,Discharming man,NOT WONK 12/2(日)京都nano w/SuiseiNoboAz 12/8(土) 名古屋 鶴舞RIPPLE w/Dancebeach,T.V.DINNERS 12/23(日)某所←NEW! 全ての詳細は、http://bedfromkyoto.sub.jp/official/ にて随時更新中! ライブのバンド予約もホームページのscheduleより承っております。 各種 お問い合わせは info@bedfromkyoto.com まで。 ---------------------------------------------------- オンラインストア:https://bedfromkyoto.stores.jp Twitter : https://twitter.com/bedfromkyoto Instagram : https://instagram.com/bedfromkyoto Webサイト : http://bedfromkyoto.sub.jp/official/ ---------------------------------------------------- お知らせメールを解除されたい場合は以下よりアクセスしてください。 https://bedfromkyoto.stores.jp/unsubscribes